Qualifications・Certifications 資格・検定

facebook twitter Line

総合旅行業務取扱管理者

<資格が役立つ仕事> 旅行会社をはじめとする観光業

この資格・検定が役立つ!総合旅行業務取扱管理者

総合旅行業務取扱管理者は、観光庁が指定する国家資格です。
旅行業務取扱管理者の資格のなかでも、国内・海外の両方の旅行業務を取り扱うことができるのは、総合旅行業務取扱管理者資格保持者のみと定められています。

国内・海外ツアーの立案、旅行スケジュールの管理、交通機関から宿泊所の手配など、旅行業務全般の管理・監督を行う能力があることを証明する資格なので、4科目の試験内容も、旅行業法や旅行業約款、旅行実務などが問われるだけでなく、海外渡航にともなう様々な手続きや、主要国の観光に関する情報まで、幅広い知識があることを測定されます。
受験資格は特に設けられていません。

法改正により、規制緩和などが予定されています

「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案」が2017年3月10日に閣議決定されたことで、「地域限定旅行業務取扱管理者」資格の創設と、「旅行業務取扱管理者」の1営業所1名の選任基準の緩和が行われることになりました。
また、旅行サービス手配業の登録制度を創設し、管理者の選任、書面の交付等が義務付けされます。

訪日外国人旅行者の急増もあり、旅行にかかわる仕事や資格は変化の時期にあると言えます。この分野で英語を活かして仕事をしようと思う人は、定期的に観光庁のプレスリリースをチェックするなどして、最新の情報を理解しておくとよいでしょう。

facebook twitter Line