Qualifications・Certifications 資格・検定

facebook twitter Line

レストランサービス技能士

<資格が役立つ仕事> ホテル、レストラン

この資格・検定が役立つ!レストランサービス技能士

レストランサービス技能士は、ホテル・レストランをはじめ広く料飲サービス業界で働く人々を対象にした、料飲サービスにかかわるプロ資格としては、唯一の国家資格技能検定です。
原則としては、厚生労働大臣の実施計画に従い都道府県知事が技能検定試験を実施することになっていますが、「レストランサービス」等の特定職種については、当該職種関連の機関が「指定試験機関」として技能検定の試験業務を行っています。
合格者は、1~3級までの取得レベルによって、「1級レストランサービス技能士」などと認定されます。
履歴書に記載したり資格を名乗る際には、何級を取得しているかを必ず明らかにしなければならないという規則があります。

飲食業界では高く評価される資格です

試験は年1回実施され、学科試験に合格した人だけが実技試験を受験することができます。また、上位の級を受検するにはまず下位の級に合格していることが必要です。
受験資格は
(1級)実務経験11年以上で、2級合格後4年以上
(2級)実務経験3年以上で、3級合格後2年以上
   または学校教育法により大学で料飲サービスに関する学科を修めた者
(3級)実務経験1年以上
ただし、学校教育法により大学、短期大学、専門学校、高等学校で料飲サービスに関する学科を修めた者、職業能力開発促進法によって定められたレストラン等における料飲サービスに関する職業訓練を修了した者は、実務経験が不要とされています。

詳細は一般社団法人日本ホテル・レストランサービス技能協会(通称HRS)のホームページなどで確認するとよいでしょう。
ホテルやレストランなどの飲食業界では高く評価される資格であり、ホテル・レストラン業界でキャリアアップを目指すならば、ぜひ取得したい資格です。

facebook twitter Line