Qualifications・Certifications 資格・検定

facebook twitter Line

プロフェッショナルエンジニア

<資格が役立つ仕事> プラントエンジニアリング会社、重機械工業、ゼネコン、鉄鋼メーカー、化学メーカー、機械メーカー、研究所など

この資格・検定が役立つ!プロフェッショナルエンジニア

プロフェッショナルエンジニア Professional Engineer(PE)資格は、米国の各州が州ごとに設けているエンジニアの公的資格です。
PEには技術倫理が厳しく要求され、資格維持のために継続専門教育(CPD)をベースにした2年毎の資格更新制度が州ごとに決められています。世界的に認知度が高い資格で、米国以外の国で現地のPEライセンスを取得するような場合にも、リファレンスとして高い利用価値があります。
ライセンス所持者は、一定レベルのエンジニアリング知識と英語力を客観的に証明されるだけでなく、PEを取得していることで、国際的にエンジニアとして認められることにもなります。

米国は自国の公共の安全性を担保するエンジニア資格制度の品質を確保するために、一次試験であるFE(ファンダメンタル・オブ・エンジニアリング)試験、およびPE試験を、問題作成から試験実施まで非常に厳格な監理のもとで行っています。このため、日本で実施されるFE、およびPE試験も、米国の全米試験協議会(NCEES)から派遣された試験官が、試験内容も試験監督の指示もすべて英語で、本国で行われる試験と同様に実施しています。
英語力とエンジニアリング知識を証明するFE試験は企業にも高く評価されており、資格取得は新卒の就活において有利になります。

まずはFE試験合格から

日本でのPE資格取得までの流れは、まずFE試験に合格するところから始まります。原則として、日本もしくは米国の4年制の工学系大学を卒業し、Bachelor of Engineering、又はBachelor of Science in Engineeringの学位を取得できていること、大学4年生の場合は受験申請時に卒業見込であることがFE試験の受験資格です。
FE資格を持ち、学位取得後4年以上の工学分野での実務経験を積むと、PE資格を受験することができます。
PE試験合格者は米国のいずれかの州に登録して初めて「PE」を名乗ることができ、州により異なりますが、実務経験内容等を評価するために、通常5人の推薦状が必要になります。
登録申請手続きは、合格者自らが希望する州の審査委員会に行うことになります。NCEESとの協定に基づき、日本在住者向けに米国PE/FE試験を国内実施している日本PE・FE試験協議会(JPEC)が、登録に際して米国に居住している必要があるかなどの登録の基本条件を、ホームページ上で提供しています。

facebook twitter Line