Qualifications・Certifications 資格・検定

facebook twitter Line

マイクロソフト オフィス スペシャリスト

<資格が役立つ仕事> 一般企業など幅広い

この資格・検定が役立つ!マイクロソフト オフィス スペシャリスト

Microsoft社のOfficeは、数多くの企業で導入されています。マイクロソフト オフィス スペシャリストは、このOfficeに入っている5つのソフトを使いこなす能力を測る検定試験です。
Officeの機能を使えることはビジネスシーンでは必須の場合が多いことから、職種を問わず有用性、汎用性が高い資格であると言えます。

1科目から受験できる気軽さが特徴

試験はOfficeに入っているソフトWord(文書作成ソフト)、Excel(表計算ソフト)、PowerPoint(プレゼンテーションソフト)、Access(データベース管理ソフト)、Outlook(電子メール・情報管理ソフト)、Windows Vista(オペレーティングシステム)の6科目があり、1科目から受験することができます。
「スペシャリストレベル」は、基本的な機能を効率的に使った文書作成、「エキスパートレベル」は、高度な機能を駆使して作業を行うことが求められます。
毎月1~2回行われる「全国一斉試験」と各試験場が任意の日を決めて行う「随時試験」があり、思い立った時に受験することができるので、気軽に取得を目指せる検定試験となっています。「スペシャリストレベル」を取得していなくても、最初から「エキスパートレベル」を受験することも可能です。

facebook twitter Line