Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

翻訳家 英語を活かせる仕事を紹介

翻訳家

外国語の文章を日本語に変換する翻訳家の仕事は、文芸媒体以外にも、商品のマニュアル、契約書、学術論文、テレビや映画の字幕、音楽の解説や評論など、多分野に渡ります。

翻訳家の仕事内容

翻訳家は外国語で書かれたものを日本語にする、もしくはその逆に日本語で書かれたものを外国語にする仕事です。
業務の内容によって「出版翻訳家」と「産業翻訳家」の二つに大きく分類され、外国文学を翻訳する人や外国映画の字幕翻訳をする人を「出版翻訳家」、ビジネス文書や契約書などを翻訳する人を「産業翻訳家」と呼ぶのが一般的です。
ビジネスの国際化が進むにつれて、特に産業翻訳家の需要は高まっています。また、インターネットの普及に伴い海外のホームページから最新情報やユニークな話題を得る機会も多く、プランナーやライターでも翻訳家を兼ねる技能を持っていると強みになるでしょう。

翻訳家に必要な英語力は?

翻訳家として働くため、特に必須資格はありません。しかし英語であれば英検準1級~1級、TOEIC900点以上の語学力が必要とされています。
文を文に直す仕事であるため、ライティングのスキルとセンスは特に翻訳先の言語において大切です。そういう意味では、英語から日本語への翻訳であれば、英語力と同様もしくはそれ以上に日本語力が必要であると言えます。特に外国文学の翻訳は単に外国語を直訳するだけでなく、それを日本語の文学作品として完成させる表現力が必須であり、出版翻訳家は原作者と同じくらい大きな存在です。

翻訳家になるには

翻訳家として働くための必須資格はありません。厚生労働省認定の「翻訳技能審査」、JTA公認翻訳専門職資格、JTFほんやく検定などの資格取得は実力の証明になるため、取得しておくといいでしょう。
産業翻訳の需要が増している一方で、出版翻訳の需要は多いとはいえません。出版社から仕事依頼をもらうには人脈がないと難しいため、出版翻訳は専門学校の講師から仕事を紹介してもらう場合が多いようです。
産業翻訳・実務翻訳の場合は、特化した分野の専門知識が必要であり、翻訳会社に登録してそこから仕事を受注するケースが一般的です。

翻訳家になるためのお役立ちリンク

翻訳/翻訳技能審査/JTFほんやく検定/JTA公認翻訳専門職資格試験
facebook twitter Line