Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

通訳 英語を活かせる仕事を紹介

通訳

通訳者は異なる言語をすばやく翻訳し、両者の円滑なコミュニケーションを手助けする仕事です。

通訳者の仕事内容

ひとつの言語で話された内容を別の言語に正しく言い換えて伝えることで、異なる言語を理解する人同士の円滑なコミュニケーションを実現するのが、通訳者の役割です。
国際化が進む今、各分野で通訳者のニーズは飛躍的に高まっており、企業視察や商談、講演会、国際会議、テレビのニュース番組などで、通訳者の活躍の場も広がる一方です。
企業内通訳者は社内における外国語にまつわる通訳や翻訳を一手に引き受けるほか、必要があれば幹部クラスの海外出張に同行通訳するのが主な業務となります。
国際会議などの同時通訳者は、日本や海外で行われる官公庁や国際会議場での外交折衝や各種会合で活躍する、通訳者の花形的な存在です。

通訳者に必要な英語力は?

通訳者の仕事には、高い外国語力はもちろん、言葉の意味だけでなくクライアントが伝えたい内容についてその場で理解し、すばやく適切に伝える能力が求められます。通訳の手法には、主に聞きながら翻訳して話す同時通訳と、メモをとりながら聞きある程度まとまったところで訳す逐次通訳の2種がありますが、どちらのケースもネイティブレベルの語学力に加え、発言内容を正しく理解するために、国際的な社会常識や通訳する事柄についての専門的な知識、日本語のボキャブラリーや表現力、相手国の歴史や文化的背景、政治・経済・芸能・スポーツなど、幅広い知識や見識が求められます。
日本語と外国語では文章構成が異なる場合が多く、厳密には文章全体を聞かなければ正確に訳すことができませんが、同時通訳の場合はまったなしで訳してゆかなければならないので、記者会見やインタビューの同時通訳者は、相手が話している途中でも、それまでの話の流れなどから推察して通訳していく必要があります。
機敏性、機転、推察力、文章構成力といった能力など、求められるものが非常に多い仕事だといえます。

通訳者になるには

社内通訳やフリーランスの道があります
通訳者になろうとする場合まず考えられるのは、貿易関係や総合商社、国際的に展開する製造メーカーなど、国際的な取引を活発に行っている民間企業で社内通訳者として就職することです。
公務員資格があるのであれば、一般の公務員として行政機関に就職して、国際交流窓口や海外との貿易促進を担当する部門で同行通訳をしたり、海外とのやりとりで通訳の経験を生かした業務を行うという道もあります。

フリーランス通訳者の場合は通訳派遣会社に登録し、依頼に応じて派遣先の企業や行政の職場や取引先で通訳を行います。通訳派遣会社とは通訳技術を持った登録者の派遣に特化した派遣会社で、登録者はすべて通訳技術者に限られます。3カ月単位などのまとまった期間の契約ではなく、1日単位での派遣となることもあります。留学経験を生かし、日本に帰国後、通訳エージェントに登録して実績を積んでいく人もいます。
どのタイプの通訳者であっても、業務に必須のライセンスなどはありません。しかし通訳能力を証明することのできる通訳技能試験などの資格を取っておくと、採用や依頼受注に当たっては有利になります。

社会人経験を積んでからのキャリアスタートも少なくありません
未経験者が通訳の仕事を得ようとすると、おのずと通訳専門学校の就業サポートに頼ることになります。そのような形で通訳者としてキャリアを積んでゆくのも良いですが、新卒であればまずは一般企業に就職し、社会人経験を積みながら通訳者を目指すという長期的なキャリア形成も、一考の価値があるかもしれません。職種は関係なく「社会人経験」があるほうが有利で、逆に新卒は不利だということは、通訳業界の特色といえます。多くの素養を求められる通訳者にとっては、社会人としての一般常識も欠かせない資質のひとつであり、30代~40代で通訳者としてキャリアをスタートさせるケースも少なくありません。

通訳者になるためのお役立ちリンク

通訳/通訳技能試験/同時通訳/逐次通訳
facebook twitter Line