Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

ツアーコンダクター 英語を活かせる仕事を紹介

ツアーコンダクター

ツアーコンダクターは、旅行会社が主催するパック旅行や、ツアーと呼ばれている国内・海外への団体旅行に同行し、参加者が安全に旅行を楽しめるように観光案内や現地での手配などを行う仕事です。

ツアーコンダクターの仕事内容

ツアーコンダクターは一般的には「ツアコン」や「添乗員」などと呼ばれています。主な仕事は、スケジュール管理、ホテルやレストラン、観光地などでの案内、観光イベントの確認、現地の交通状況や地理、歴史などの情報収集、空港での参加者の送迎、入国&出国手続き・税関検査の説明と手伝いなどです。海外添乗をする場合は旅程管理主任者の資格がなくてはなりません。
自分が添乗するツアーが決まったら、まず旅行会社の関係部署と打ち合わせを行い、旅行先の情報を調べたり航空券やツアー客のリストを確認するところから、ツアーコンダクターの仕事は始まります。ツアーに同行するときは、集合場所での参加者確認から注意事項の説明、空港での出入国手続きのサポート、ホテルでのチェックイン・アウト、現地スタッフとの打ち合わせ、ツアー客に対しての観光案内など、ツアー客からの問い合わせや要望に随時応えつつ、常に一歩先を見て指揮をとらなくてはなりません。ツアー終了後は清算作業や報告書の作成、会社への報告を完了させて、やっとひとつのツアーの仕事が満了となります。

ツアーコンダクターに必要な英語力は?

旅行中は思いがけない事態もたびたびおこるものなので、現地で適切な対応ができるよう英語力は高いにこしたことはありません。英語が第一言語の国の添乗でない場合でも、現地のホテルやスタッフ、レストランとのやりとりに英語が必要となる機会は多いものです。
旅行先で病人が出てしまった時には医療機関へ連絡しなければならないし、盗難があった場合には警察に届け出る必要があるなど、不慮の事態にも対応できる実践的な英語力が問われます。
また、英語が第一言語ではない国では、ツアーバスの運転手やレストランスタッフ等に英語で難しく言っても伝わらない可能性もあるので、わかりやすく伝えるスキルも必要となります。
添乗員同行のパッケージツアーの場合、参加者は年配の方が多い傾向があります。このため、まずは添乗員として参加者に正しい日本語で接することが英語力以上に大切だと言われています。「面倒見がよくサービス精神旺盛」、「旅行が好きで常に情報収集を怠らない」、「体力があり我慢強い」といった素養も重要です。

ツアーコンダクターになるには

「旅程管理主任者」資格は必須です
ツアーコンダクターとして働くためには、就職後や派遣登録後に一定の研修や実務経験を経て「旅程管理主任者」の資格を得ることが必要です。就職自体はこの資格がなくても可能ですが、単独で添乗業務をするためには必須の資格です。
「旅程管理主任者」資格には「国内旅程管理主任者」と「総合旅程管理主任者」の2種類があり、「国内旅程管理主任者」は国内旅行のみしか取り扱うことができず、「総合旅程管理主任者」を取得すると国内外両方の添乗が可能になります。
間違えられやすい資格に「旅行業務取扱管理者」がありますが、こちらは国家資格である「旅行業務取扱管理者試験」に合格すれば資格取得できるのに対し、「旅程管理主任者」の場合は一定の研修や実務経験が求められるという違いがあります。
旅程管理主任者資格に関する詳細および最新の情報は、一般社団法人日本添乗サービス協会のリンクから確認できます。

好きなことを仕事にするやりがいが感じられる仕事です
かつてはツアーコンダクターの就職先といえば「旅行会社」でした。しかし近年の旅行業界の競争激化の影響で、自社でツアーコンダクターを正社員として雇用するのではなく、専門の派遣会社に登録しているツアーコンダクターに仕事を依頼するケースが増えています。一部の大手旅行会社を除き、旅行会社に正社員として就職してツアーコンダクターの仕事をすることは困難なのが実情です。
派遣という雇用形態では「日当」として国内添乗で7,000円~12,000円、海外添乗で8,000円~25,000円が給与相場といわれており、拘束時間が長くてもその仕事の特性上残業代が出るケースが少ないなど、決して楽な仕事ではありません。
ツアーコンダクターは激務であり給与水準も低いことから若手中心の世界といわれますが、文化や言語が異なる海外ツアーにおいては、旅に精通したツアーコンダクターの需要は高いものです。顧客からの信頼が大切な職務なので、経験と知識を積み重ね40歳を過ぎても現役で活躍するベテランも少なくありません。
収入が不安定になりがちで、新人時代は厳しい生活になることも覚悟しておく必要がありますが、好きなことを仕事にするやりがいと喜びも大きいと言えるでしょう。

ツアーコンダクターになるためのお役立ちリンク

ツアーコンダクター/ツアコン/添乗員/海外旅行/旅程管理主任者
facebook twitter Line