Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

ランドオペレ-ター 英語を活かせる仕事を紹介

ランドオペレ-ター(海外現地ガイド)

ランドオペレーターは自身が海外各地に住み、訪れる日本人旅行者のためにその土地の観光案内やホテル、レストランの手配などをする仕事です。

ランドオペレーターの仕事内容

ランドオペレーターは原則的に海外各地に住み、その地域を訪れる日本人旅行者のために土地の観光案内やホテル、レストランの手配などをする仕事です。さまざまな顧客のニーズを的確に理解して最適なマッチングを行うだけでなく、日本とそれぞれの地域の懸け橋として国際親善に貢献するためにも、担当する国の文化や習慣の違いなどを熟知している必要があります。
近年では特に日本の旅行会社がコスト節約とサービス向上のために、現地での案内や空港でのチェックイン手続きを外部委託するケースが増えていて、個人だけでなくこの委託先企業もランドオペレーターと呼ばれています。
観光旅行、海外業務視察や産業などの調査団の手配、見本市視察団など、国際交流関連の手配なども行うため、ただ現地を良く知っているだけでなく、これらの手配を行う社会経験も大切です。

ランドオペレーターに必要な英語力は?

現地在住者として当然の語学レベルは必須です。レストランや観光施設、ホテル、交通手段、展示場やイベント会場などを迅速に手配できる英語力に加え、最新の情報を熟知して顧客に日本語で説明することができ、文化や習慣の摩擦が起こらないよう、通訳としてスムーズな橋渡しができる語学力が求められます。

ランドオペレーターになるには

観光関係が学べる大学、専門学校で知識を身につけた後、ランドオペレーター会社、現地のツアー会社などに就職するのが一般的です。そこで業務を習得し人脈などを築いてから独立し、フリーランスとして活躍する人もいます。
ランドオペレーターになるために必須の資格はありませんが、コミュニケーション能力、社会人としての一般常識とマナーは、語学と共に必要とされる能力・適性といえるでしょう。

ランドオペレーターになるためのお役立ちリンク

ランドオペレーター/海外現地ガイド/旅行業務取扱管理者資格
facebook twitter Line