Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

レストラン・カフェスタッフ 英語を活かせる仕事を紹介

カフェ、レストランスタッフ

外国人が集まる都心のカフェ・レストランでは、スタッフの接客英語力が求められます。外国人観光客の増加により、今後は地方観光地のカフェ・レストランでも、接客英語を身に着けたスタッフの需要が高まると思われます。

レストラン・カフェスタッフの仕事内容

レストラン・カフェスタッフは、飲食店で主に接客をする仕事です。
日本国内のカフェやレストランで勤務する場合には、基本的に英語力は問われませんが、東京をはじめとする都心には外国人が集まるカフェやレストランが数多くあり、そうした場所で接客するスタッフには一定の英語力が求められます。
外国人観光客数も増加の一途をたどっているため、今後は地方であっても人気観光地のカフェ・レストランでは、英語の接客スキルがあるスタッフの需要は高まってゆくと言われています。

英語力が求められるレストラン・カフェスタッフは、外国人客にメニューを説明をしたり注文を取るフロア担当が主ですが、キッチンスタッフでも、場合によっては厨房の共通言語が英語というレストランもあり、そうした場合は一定の英語力があると業務に大変役立ちます。

レストラン・カフェスタッフに必要な英語力は?

TOEIC600点程度の英語力が目安です。接客に特化した英会話の語彙や言い回しを、インバウンド関連の教材などで学ぶのも実践的で役に立つでしょう。

レストラン・カフェスタッフになるには

レストラン・カフェスタッフは、飲食店を経営する会社に正社員採用されるか、まずはアルバイトや契約社員として採用されてから実力を認められ、正社員登用されるのが一般的であり、新卒、社会人採用ともに、求められる学歴は不問から大卒レベルまで様々です。
接客のプロとして、社会人としてのマナーと一般常識と「おもてなし」の心が最も重要視されます。人とコミュニケーションをとることが好きな人に適性があります。

レストラン・カフェスタッフになるためのお役立ちリンク

レストラン・カフェスタッフ/インバウンド/接客/サービス
facebook twitter Line