Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

英語ハイヤー運転手 英語を活かせる仕事を紹介

英語ハイヤー運転手

英語でコミュニケーションをとることで外国人の乗客により良いサービスを提供するタクシー運転手が、英語ハイヤー運転手です。

英語ハイヤー運転手の仕事内容

英語ハイヤー運転手は、エキスパート・ドライバー、インターナショナル・ドライバーなど様々な名称で呼ばれますが、基本的には英語、もしくは他の外国語でコミュニケーションをとることで、外国人の乗客により良いサービスを提供するタクシー運転手のことです。
観光スポットなどの知識も豊富なバイリンガルのタクシー運転手は、インバウンドビジネスの拡大とともに非常に需要の高い職業となっています。観光客以外でも、外国人VIPやその子弟の送迎ドライバーとしての日常的な需要もあり、大手タクシー会社の中にはハイヤー乗務に特化した独自テキストを用いた社内英会話トレーニング制度を設け、積極的に自社運転手の英語力向上を促進するところもあります。
タクシー業自体が顧客対応研修の充実している業界であることから、将来的にサービス業で活躍したい人にもステップアップするための多くの学びを与えてくれる職業だといえるでしょう。

英語ハイヤー運転手に必要な英語力は?

英語が流暢に話せるタクシードライバーは、一般のタクシードライバーより良い雇用条件で採用されます。学歴不問、経験不問、普通自動車運転免許さえあれば採用される場合も多いことから、英語を使う職業の穴場的存在として注目されています。
採用時に求められる英語力は日常会話レベル程度であり、タクシー運転手に必要な第二種運転免許も、入社後に会社の費用負担で取得させてくれる会社が多いようです。門戸が広く入社後もいたれりつくせりな印象がありますが、その分自分自身で英語力、接客力、観光などの知識をさらに向上させる努力をしなければ、顧客から指名される優秀な英語ハイヤー運転手として差別化をはかりにくいと言えるかもしれません。

英語ハイヤー運転手になるには

大手タクシー会社では、常時といえるほどコンスタントにタクシー運転手の募集を行っています。求人サイトなどを通して「英語ハイヤー運転手」、「エキスパート・ドライバー」の求人に応募するか、一般のタクシードライバーとして働きながら英語力を高め、英語ハイヤー運転手にステップアップするのが近道です。
接客業なので言語だけでないコミュニケーション能力と「おもてなし」の精神の高い人に適性があります。

英語ハイヤー運転手になるためのお役立ちリンク

英語ハイヤー運転手/タクシー運転手/エキスパートドライバー/インバウンド/第二種運転免許
facebook twitter Line