Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

ホテルマン 英語を活かせる仕事を紹介

ホテルマン

快適なホテル滞在をサポートするホテルマンの仕事には、ドア係、フロント係、客室案内係、清掃係、コンシェルジュ、レストランの接客や調理係など、たくさんの種類があります。

ホテルマンの仕事内容

ホテルマンは、ホテルに滞在する人が快適に過ごせるように、さまざまなサービスをする仕事です。
一般的なホテルであれば、フロント、ベルボーイ、クロークなどの接客部門と、経理、人事、総務などの事務、営業企画、広報、宴会場をプロデュースするコーディネーターなどの営業部門で、たくさんの人々が働いています。ホテルマンとは一般的な意味でそのすべての人々を指しています。
さまざまな文化や習慣を持つ利用客に快適に過ごしてもらうことがホテルマンの仕事として最優先事項であり、接客のプロとしてホスピタリティ、「おもてなし」の心、高いコミュニケーション能力のある人が、ホテルマンとして適性が高いといえます。
ホテルは24時間営業であるためシフト勤務になることが多く、労働時間や休日なども不規則になりがちなので、体力と自己管理能力も大切です。

ホテルマンに必要な英語力は?

外資系ホテルでは一定の英語力が必須条件とされることが多く、求人の応募資格にTOEIC600点以上と明記されている外資系ホテルもあります。
海外からの観光客やビジネスマンが増加の一途をたどっていることからも、日系・外資系問わず、特にリスニングやスピーキングのエリアで高い英語スキルがあるホテルマンが求められているのが現状です。
ポジションによって業務の特性や求められる英語力も異なりますが、自分自身の活躍の場を広げるためにも、優秀なホテルマンに英語力は必須といえるでしょう。
英語力に加え、中国語や韓国語といった多言語に対応できる人材の需要が高いので、英語だけでなく他言語を学び、外国語検定などでスキルを証明できるようにしておくと高く評価されます。

ホテルマンになるには

大学・短大・専門学校・高校などを卒業後、就職活動を経て採用されるか中途採用されるのが、ホテルマンになる一般的な方法です。ホテルマンに必要なマナー・観光学・ホスピタリティを学べる専門学校や大学もあります。
即戦力が求められる職場であるため、ホテル系の専門学校卒の採用率が高いものの、近年は英語力や幅広い教養などホテルマンにも高い能力が求められる傾向があり、大手ホテルでは大卒の採用が増加傾向にあります。
学歴よりも人柄が重視される仕事なので、アルバイトや契約社員から正社員登用されることも少なくありません。
短大、大学に進学している場合は、在学中にホテルのアルバイトか、少なくとも接客の経験をしておくほうが、採用にあたり有利になります。

ホテルマンとしての固有の資格はありませんが、就職や業務を行うにあたっては「ホテルビジネス実務検定」「ホテル実務技能認定試験」を取得すると良いでしょう。「サービス接遇実務検定」(サービス業務に関する知識・技術認定)や「レストランサービス技能検定」(ホテルやレストランでの接客技能に関する認定)に合格することで、国家資格の「レストランサービス技能士」を取得することができるので、こうした資格を段階的に取得するのもおすすめです。

ホテルマンになるためのお役立ちリンク

ホテルマン/ホテルビジネス/インバウンド/ホテルビジネス実務検定/ホテル実務技能認定/レストランサービス技能士
facebook twitter Line