Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

米国公認会計士(USCPA) 英語を活かせる仕事を紹介

米国公認会計士

USCPAとも呼ばれる米国公認会計士は、アメリカの税法に基づき、法人税の申告や個人所得税の申告などの会計業務をする仕事です。米国公認会計士はアメリカの国家資格ですが、日本で国内でも受験できます。

米国公認会計士(USCPA)の仕事内容

米国公認会計士は、アメリカの税法に基づき、法人税の申告や個人所得税の申告などの会計業務をする仕事です。

米国公認会計士は米国の国家資格であり、一般的にUSCPAと呼ばれます。試算表や帳簿のチェックなどのほか、税務や経営に関するコンサルティングを行うこともあります。グローバル企業や、アメリカを本国とする外資系企業が会計業務を行う際には、アメリカの会計基準で会計処理を行う必要があり、さまざまな国の人がこの米国公認会計士資格を取得しています。日本の公認会計士資格よりも取得が容易であることから、日本でも多くの経理・財務経験者が米国公認会計士資格を取得しています。

米国公認会計士(USCPA)に必要な英語力は?

米国公認会計士(USCPA)試験は英語で行われますが、法規や税務会計に関する専門用語を除けば、TOEIC600点程度、高校卒業レベルの英語力で資格取得を目指すことができます。しかし、実際に米国公認会計士としてクライアントと仕事をするにはビジネス~ネイティブレベルの英語力が必要となるため、資格取得後に米国公認会計士として活躍を目指すならば、高い英語力も同時に備える必要があるでしょう。

米国公認会計士(USCPA)になるには

米国公認会計士(USCPA)試験は、基本的にはアメリカ本国において、州ごとに決められた基準にしたがって行われていますが、2011年からは日本国内でも受験が可能になりました。大学や大学院で「会計・ビジネス」関連の一定の単位を取得すると受験資格を得ることができるので、4年制大学卒業後に資格取得を目指すルートが一般的です。
州によって条件、手続きや方法が異なるので、必ず出願前に十分な情報収集を行いましょう。日本国内で手続きを行うのであれば、米国公認会計士資格の取得をサポートしている専門学校などを適宜利用するのが効率的です。
日本では、国内企業で経理、財務の経験を積みながら米国公認会計士資格を取得し、社内でキャリアアップをしたり、別企業の財務・会計部門へ正社員として転職する人がほとんどです。海外で米国公認会計士として活動をするには、さらにライセンスを取得し、各州への申請が必要となります。

米国公認会計士(USCPA)になるためのお役立ちリンク

USCPA/米国公認会計士
facebook twitter Line