Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

サポートセンタースタッフ 英語を活かせる仕事を紹介

サポートセンタースタッフ

外国人からの英語での問い合わせが増加したことで、英語専門のカスタマーサポート部門を設ける企業も増え、英語のできるオペレーターは非常に重宝される存在となっています。

サポートセンタースタッフの仕事内容

サポートセンタースタッフは電話、メール、チャットなどを使って企業と顧客をつなぎ、商品やサービスの注文受付、利用方法に関する問い合わせ、市場調査やアンケート、新サービスの案内など、様々な内容に対応する仕事をします。
問い合わせやクレームなどの対応のほか、顧客のニーズを直接くみ上げて商品開発やサービスの向上に生かす情報収集の部署として、企業側から重視されるようになっています。

面識のない人に対する応対が主な業務になるため、コミュニケーション能力や美しい話し言葉、書き言葉が使えることはとても重要です。入力業務のためにExcelやWordなどOffice系ソフトの基本スキルも求められます。
サポートセンタースタッフとしてキャリアアップを目指す人のであれば、「コンタクトセンター検定試験」、「オペレーター資格」、「スーパーバイザー資格」などを取得しておくと採用や昇進に役立ちます。

サポートセンタースタッフに必要な英語力は?

サポートセンタースタッフに英語力は必須とは限らず、日本国内の多くのサポートセンターでは日本語での対応が主ですが、近年外国人からの英語での問い合わせが増加し、英語専門のコールセンターを設ける企業も増えていることから、英語のできるオペレーターは非常に重宝される存在になっています。
サポートセンタースタッフの仕事に求められる英語力は企業の業務内容やサポートセンターの部署によってさまざまで、英語専門部署でなければ日常会話レベルでも充分でしょう。外資系企業や英語専門サポートセンターであれば、ビジネス~母国語レベルの英語力が求められる場合もあります。

近年、企業内のサポート窓口が切り離され、サポートセンター業務専門の会社にアウトソーシングされることが増えており、サポートセンタースタッフの雇用形態は大量雇用かつ正社員登用が少ないという状況です。そうした中でスーパーバイザーなどの上級職として採用されるには、英語力は大きな武器になります。

サポートセンタースタッフになるには

サポートセンタースタッフの仕事自体は、求人サイトなどで常に大量の求人があります。そうしたところから応募し、経験を積みながらキャリアアップしてゆくのが良いでしょう。
サポートセンタースタッフの応募資格は学歴、英語力など不問の場合も多く、気軽に応募できる門戸の広い仕事であると言えます。同時に、特に未経験で雇用される場合はパートや契約社員である場合がほとんどなので、そこから正社員を目指すのであればプラスαの実力や資格をアピールできるようになるための努力は必須です。

サポートセンタースタッフになるためのお役立ちリンク

サポートセンター/コンタクトセンター/カスタマーサポート/コンタクトセンター検定試験/オペレーター資格
facebook twitter Line