Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

外資系バイリンガルスタッフ 英語を活かせる仕事を紹介

外資系バイリンガルスタッフ

外資系企業のバイリンガルスタッフの仕事内容は基本的には日本企業の仕事とほぼ同じです。作業効率や質、特に結果が重視され、日系企業より給与水準が高いなどが、外資系企業の特徴として挙げられます。

外資系バイリンガルスタッフの仕事内容

外資系バイリンガルスタッフは、日本に支社を置く外資系企業で語学力を活かして働く仕事です。
営業・販売・広報・経理・事務など、外資系バイリンガルスタッフもサラリーマンであり、その業務にも様々な種類がありますが、作業効率や質、特に結果が重視され、日系企業より男女や年齢による機会の差がなく、日系企業より給与水準が高い、といったことが、外資系企業の一般的な特徴として挙げられます。

外資系バイリンガルスタッフに必要な英語力は?

海外の取引先との電話やメールでのやりとり、ビジネスレターなどの作成・翻訳、会議や打ち合わせ時の通訳など、通常のオフィスワークをすべて英語で行う能力が求められるため、英語準1級以上のビジネス英語が使いこなせ、通訳や翻訳、パソコンなどの事務処理能力も必要です。
各業界独自の専門知識や用語も、熟知しておかなければなりません。企業内の外国人比率や担当する業務により必要な英語力は異なりますが、日本人比率の多い企業であっても、日常会話レベルの英語力が最低ラインです。
一般に、メールや電話の取次ぎなど事務系業務の場合はTOEIC700~800点程度、マーケティングや広報などビジネス英話が必要な場合にはTOEIC800点以上、英語能力を強みとしてアピールできるラインはTOEIC900点以上といわれています。

外資系バイリンガルスタッフになるには

外資系企業は能力主義なこともあり、採用の多くは中途採用ですが、企業によっては新卒での採用も行っています。新卒採用の場合は大卒以上が基本で、中でも偏差値の高い有名大学が優遇される傾向にあります。
採用にあたっては日常英会話を必須とし、学歴、職歴、能力を厳密にチェックされます。インターン制度がある大手外資系企業も多いので、新卒で外資系バイリンガルスタッフとして就職することを目指している学生は、インターンとして外資系企業で働いておくと、採用の際にアピールできるでしょう。
中途採用の選考においては、経験、スキルマッチング、英語力が重視されます。外資系企業で働いたことがなくても、業務経験やスキルがマッチしていれば採用の可能性がありますが、ビジネスシーンで通用する英語力は必須条件として求められると思ったほうが良いでしょう。英字新聞に掲載される求人に応募したり、外資系企業に強い転職エージェントを利用するのが効率の良い就活方法です。

TOEICテストだけでなく「米国公認会計士」、「国際秘書検定」、国際的なエンジニアとしての能力を問う「プロフェッショナルエンジニア」、アメリカの簿記資格である「BATIC」などを取得すると、採用において評価される場合があります。新卒、中途問わず、採用されてからも常にスキルアップを心がけ、その努力や結果を周囲に知らしめる自己PR力も、外資系バイリンガルスタッフとして活躍するためには大切です。

外資系バイリンガルスタッフになるためのお役立ちリンク

外資系バイリンガルスタッフ
facebook twitter Line