Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

バイリンガルセクレタリー 英語を活かせる仕事を紹介

バイリンガルセクレタリー

バイリンガルセクレタリーは、秘書英語を駆使して外国人社長、重役や、個人事業主のもとで秘書業務全般を行う仕事です。

バイリンガルセクレタリーの仕事内容

バイリンガルセクレタリーは、外国人社長・重役や個人事業主のもとで、スケジュール調整、電話やメールでの業務連絡、書類作成、資料収集、海外本社からのVIPの対応などの秘書業務全般を行う仕事です。
世界のビジネス全体のグローバル化が進む中、バイリンガルセクレタリーはビジネスシーンになくてはならない存在となりつつあります。さまざまな場面で冷静で的確な判断ができ、初対面の人にも臆さず明るく対応できる、社交的な人が適性が高いと言えます。
業種によっては工業、医療、法律などの専門用語が使われるので、常に勉強して知識を深めることが自身の活躍の場を広げることになります。

バイリンガルセクレタリーに必要な英語力は?

英検準1級以上の英語力とパソコンのスキル、国際的なビジネスマナー、日本の習慣・文化の知識、TPOに合った美しい外国語と日本語を使いこなせる能力がバイリンガルセクレタリーには必須です。上司に伴い会議、冠婚葬祭、パーティなど公の場に出席することもあるので、英語力は当然として、そのうえで秘書としての礼儀やマナーをきちんと身につけていることが求められます。

バイリンガルセクレタリーになるには

VIPのサポートという職務の性質上、バイリンガルセクレタリーとしての新卒採用はほぼ皆無であると言ってよいでしょう。入社して数年の経験を積んだ後、語学力を含めた適性があると認められ、バイリンガルセクレタリーとして働くケースが多いようです。中途採用であれば、すでに秘書として経験を積んでいることを条件に挙げている求人がほとんどです。
優れた英語力を証明する各種英語検定の取得に加え、「秘書技能検定」、「国際秘書検定」、「米国公認秘書資格」といった秘書に特化した資格や、「ビジネス文書実務検定」、「ビジネス実務マナー検定」、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」などを、経験を積みながら取得しておくと良いでしょう。

バイリンガルセクレタリーになるためのお役立ちリンク

バイリンガルセクレタリー/英語秘書/国際秘書検定/米国公認秘書資格
facebook twitter Line