Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

英文経理 英語を活かせる仕事を紹介

英文経理

英文経理は、外資系企業や海外取引を行う日本の企業などで経理事務を英語で行う仕事です。

英文経理の仕事内容

英文経理は外資系企業や海外取引を行う日本の企業などで、伝票や試算表の作成、仕訳、入出金管理、決算業務などの経理事務を英語で行う仕事です。経理業務の基本的なスキルに加え、英語でさまざまな状況に対応できる能力と、経理が会社の経営にかかわる重要な業務であることから、緻密さや正確さが重視されます。

英文経理の仕事は、日本の会計基準をベースに英語で処理する方法と、米国会計基準や国際会計基準で処理する方法に大きく分けられます。日本の会社が海外進出を行なう際、また、海外の会社が日本に子会社や拠点を設立した場合に、子会社が連結決算などの数字を本部に報告書を出す業務で必要とされるほか、会社によっては日々の経理業務を毎日英語で報告したり、問い合わせがあればその内容に返答したりすることも求められます。
外資系企業では親会社と同じ会計基準で日々の経理業務を行っていますが、国内企業の場合、扱う書類は英語でも経理業務自体は日本の会計基準で行われるため、日本企業での経理経験を活かすことができます。

英文経理に必要な英語力は?

英文経理の業務で求められる英語力は読み書き重視であり、日常会話レベルでも簿記の資格や経理業務の経験があれば採用される場合もあります。しかし、求人の多くは外資系企業や海外とのやり取りが多い企業であるため、海外からの問い合わせや日本人以外のスタッフとの確認作業など、実際はビジネスレベル、TOEIC700点程度の英会話力も必要です。

必要になる英語力は会社や業務内容によって異なります。例えば勘定科目だけが必要な仕事であれば、比較的英語レベルが高くなくとも働きながら覚えていくことができる場合もあります。日系企業での経理の経験があり、次のステップとして英文会計の勉強を始めたり、未経験から英文経理職を目指すのであれば、自分のレベルに合った職場を選び、英語力も含めたスキルを働きやすい環境の中で高めると良いでしょう。

日本の経理資格である「日商簿記」、国際会計検定の「BATIC」、米国基準の「USCPA(米国公認会計士)」などの経理関連の資格を専門学校などを利用して取得しておくと採用の際の強みとなるほか、「MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)」資格も評価されます。

英文経理になるには

英文経理の仕事は、求人サイトなどから応募することができます。求人の多くは外資系企業で、正社員・パート・派遣社員と雇用形態はさまざまですが、なによりも実務経験が重視されるため、国内企業で経理業務の経験を積んでから外資系企業へ転職するケースが一般的です。
外資系企業の英文経理の求人で未経験可・資格不問とあっても、実際にはビジネスレベルの英語力と経理の実務経験が求められる場合が多く、未経験者が採用されるケースは多くありません。
新卒や未経験から英文経理を目指すのであれば、まず国内企業に就職して経理業務を経験しながら英語や外国基準の会計処理を学び、英文経理の仕事にステップアップすると良いでしょう。

英文経理になるためのお役立ちリンク

英文経理/日商簿記/BATIC/USCPA/MOS
facebook twitter Line