Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

英語ライター 英語を活かせる仕事を紹介

英語ライター

英語ライターは、旅行、音楽、アートなど様々なテーマの英字記事を国内から海外へ発信したり、海外の英語メディアで情報を収集し、日本語のメディアに記事を寄稿する仕事です。

英語ライターの仕事内容

かつてはまず編集者としてサラリーマン経験を積み、その中で出版社などに人脈を持つことが英語ライターになる早道でしたが、最近では専属ライターを抱える出版社やメディアがごく少数になり、かわってウェブライター全盛の時代となっています。
フリーランスという立場でいくつものウェブメディアに寄稿するという働き方が英語ライターの主流となっているので、仕事の間口が広がったことは悪いことではありません。しかし、同時に記事あたりの単価も下がっているのが現状であり、ライターの仕事だけで生計を立ててゆくことは楽ではありません。

英語ライターに必要な英語力は?

英字メディアに英語記事を寄稿する場合は、ネイティブに「読ませる」英語の文章力とともに、情報を大量に収集し内容を正しく理解できるハイレベルの語学力、着眼点のセンスの良さも問われます。
医療、美容、経済、ハリウッドムービーなど、「これだけは誰よりも詳しい」という得意分野を持ち、専門的な英語の語彙や言い回しを使いこなせるようになると、その専門知識やスキルがライターとして評価されるだけではなく、アドバイザーやインフルエンサーとして兼業することもできるので、興味があることがあればその分野でエキスパートと呼ばれるほどの存在になることを目指すのも、間接的に英語ライターとして活躍することにつながります。
コンスタントに仕事を受注するためには、能動的に仕事を取ってくるだけの日本語・英語での営業力と、フットワークの軽さも重要です。

英字ライターになるには

国際的な雑誌の日本版を出版している出版社に入社し、希望する雑誌の編集部に配属されてライターとして働ける可能性はほんのわずかであることを考えると、最も現実的なのはウェブマガジンや情報サイトの求人ページから申し込み、ライターとして採用されることでしょう。
多くのメディアが常に新しいライターを求めている状態であり、その質も玉石混合であることから、逆に質の高い「読ませる」内容の記事を安定して書くことができる優れたライターだと認められれば、フリーランスとして原稿1本当たりの単価を上げることができたり、大手のウェブメディアと専属ライターとして契約を結ぶことも可能になります。
英語の文章力や着眼点・センスの良さに加え、紹介や口コミで仕事を依頼してもらえるような営業力も大切なので、日ごろから人脈と知識を積み重ねる努力が必要です。

英語ライターになるためのお役立ちリンク

英語ライター/ウェブライター
facebook twitter Line