Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

海外コーディネーター 英語を活かせる仕事を紹介

海外コーディネーター

海外コーディネーターはクライアントの様々なニーズに合わせたアレンジやサポートを行い、人と人、企業と企業をつなげます。通訳を兼ねる場合も多いので、ハイレベルな語学力が求められます。

海外コーディネーターの仕事内容

海外コーディネーターは、主に海外で行われるテレビ・雑誌取材やCM撮影のアレンジをしたり、海外でのビジネスをスムーズにするためにサポートする仕事です。
撮影コーディネートの場合は、撮影場所、取材対象の選択、撮影スタッフの宿泊や食事のアレンジ、現地スタッフや機材の手配から撮影期間や制作費などの交渉まで、非常に細かな部分までのコーディネートを行います。顧客のために通訳を兼ねる場合もしばしばあります。
撮影スタッフが短時間でスムーズに撮影できるように準備を整えることが仕事なので、その国の言葉が話せたり豊富な人脈を持っていることが必要です。
他にも教育、イベント、ベンチャー企業のスタートアップなど、クライアントによってさまざまなニーズに合わせ、人や企業をつなげスムーズなオペレーションを実現するのが海外コーディネーターです。

海外コーディネーターに必要な英語力は?

海外コーディネーターは多くの場合通訳も兼ねているので、日常会話や電話での会話などビジネスシーンにふさわしい言葉遣いできちんと話せるくらいの英語力は必要です。
日本の常識が通用しない外国では、急なスケジュールの変更などハプニングが起こるのも日常茶飯事であり、そうした場合でも、限られた時間しかない顧客の滞在目的をかなえて帰国させるのが海外コーディネーターの役割です。テストの点数のみならず、英語で人を説得できるスキルが求められます。
取材場所は都会ばかりではないため、身体的疲労やハプニングに負けないタフな心身も英語力同様に大切な適性でしょう。

海外コーディネーターになるには

海外コーディネーターになるための決まった道はありませんが、自分が仕事をしたい国で日本人向け旅行代理店に入り、そこから人脈を築く方法が比較的確実性の高いルートであるといえるでしょう。

海外コーディネーターになるためのお役立ちリンク

ロケーションコーディネーター/海外コーディネーター/英語を使う仕事
facebook twitter Line