Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

保育士 英語を活かせる仕事を紹介

保育士

早期教育のために英語コースのある保育園・幼稚園が増加し、バイリンガル保育士の需要が高まっています。インターナショナルプリスクールでは、保育士の英語力は必須です。

保育士の仕事内容

保育士は、乳児から小学校就学前までの子どもの世話や、保護者に保育に関する指導をする仕事です。

社会のグローバル化にともない、日本人の児童に対し早期英語教育を取り入れる保育園が増えたことや、未就学年齢の外国人児童の数が増加したことから、英語力が高い保育士の需要が高まっています。国家資格である保育士資格は、バイリンガル保育士の場合、職場や就業形態によっては取得必須ではありませんが、子どもの命を預かる重要な仕事なので、子どもの健康や発達についての知識が必要です。

保育士に必要な英語力は?

インターナショナルプリスクールでは、原則として保育がすべて英語で行われることがほとんどなので、日本人保育士にも、児童や保護者とのコミュニケーション、外国人講師との打ち合わせやカリキュラム編成などが行えるレベルの英語力が求められます。
英検準1級、TOEIC700点以上、または長期海外留学経験が、採用の際に目安とされます。保育に特化した英語力を証明することができる「保育英語検定」の取得も就職にはプラスです。

保育士になるには

公立幼稚園での保育の仕事を希望するのであれば、保育士養成課程のある大学・短大・専門学校で所定の課程を修了し、国家資格である保育士資格を取得する方法と、児童福祉法に明記された一定の学歴や経験を有した上で保育士国家試験に合格するのが、保育士になる方法です。
インターナショナルスクールプリスクールでは、保育士資格がなくても日本人スタッフとして採用される場合もありますし、正規職員ではなくアシスタント的な立場のスタッフに関しては、保育士資格を必須条件に挙げていない日本の保育施設もあるようです。
保育に特化した英語力を証明することができる「保育英語検定」は、一般社団法人保育英語検定協会が実施する民間資格で誰でも受験できますが、保育士資格をもつ人が検定に合格した場合のみ「イングリッシュエキスパート保育士証」が発行されます。現在、英語が話せる保育士の需要は高まる一方なので、取得しておくと採用においては有利になるでしょう。

保育士になるためのお役立ちリンク

保育士/チャイルドマインダー/保育英語検定/インターナショナルスクール
facebook twitter Line