Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

パイロット 英語を活かせる仕事を紹介

パイロット

パイロットになるには、健康状態や国家ライセンスなどさまざまな条件を満たさなければならず、航空機とその運航に関する膨大な知識と経験、健康な心身と判断力、精神力、さまざまな国家資格に加え、高い英語力が求められます。

パイロットの仕事内容

パイロットは航空機を操縦して安全に乗客や貨物を運ぶ仕事です。また、ただ航空機を操縦するだけではなく、運行管理者や副操縦士、キャビンアテンダントとミーティング、エンジンや計器類のチェックから客室の温度管理まで、出発する前から目的地に到着する間、さまざまな業務を行います。
パイロットとして必須の資格には、商用目的での飛行のための「事業用操縦士」、自家用のセスナや小型ヘリコプターを操縦できる「自家用操縦士」、操縦にパイロットが必要な航空機を操縦するための「定期運用操縦士」の3つがあります。自社養成パイロットの養成コースや航空大学校では、「事業用操縦士」「計器飛行証明」「航空無線通信士」などの資格も取得できます。
自社養成パイロットの採用試験や航空大学校の受験にあたっては、「航空身体検査」に合格しなければなりません。この検査には、バランス感覚をはかる並行機能検査、心電図、視力、脳波、血液の状態など、たくさんの検査項目があり、パイロットになってからも定期的に同様の健康チェックが行われます。
パイロットは人命や財産を預かる仕事です。それだけに、健康状態や国家ライセンスなど、さまざまな条件を満たさなければならず、航空機とその運航に関する膨大な知識と経験、健康な心身と判断力、精神力、さまざまな国家資格に加え、高い英語力が求められるのです。

パイロットに必要な英語力は?

フライト時の航空管制官とのやりとりはすべて英語で行われるため、パイロットの仕事に英語力は必須です。
入社試験では英語の筆記試験や英会話面接があり、パイロット養成には外国人教官による訓練が取り入れられることも多いため、訓練までにTOEIC650点以上、最終的にはTOEIC800点以上の英語力が必要とされます。

パイロットになるには

パイロットは多くの人命や財産、そして非常に高価な航空機を預かる仕事なので、健康状態や国家ライセンスなど、さまざまな条件が求められます。特にライセンスについては航空機の種類によって多くの種類が存在し、担当する業務によってそれぞれ取得する必要があります。
パイロットになるには一般的に2つのコースがあり、ひとつは大学を卒業後に航空会社に入社し、パイロット養成コースを経て国家資格を取得する方法。もうひとつは、短大や高専を卒業するか大学2年を修了した後、独立行政法人である「航空大学校」に入学し、在学中に国家資格を取得したあと航空会社に入社する方法です。
近年、学校に通わずに自力でライセンスを取得した人を採用する航空会社も増加傾向にあり、さらに在学中にライセンスの取得ができるコースがある大学も増えてきたことで、パイロットになるための選択肢は以前より多くなっていると言えるでしょう。

パイロットになるためのお役立ちリンク

パイロット/航空業/航空従事者技能証明/航空会社/定期運用操縦士
facebook twitter Line