Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

グランドスタッフ 英語を活かせる仕事を紹介

グランドスタッフ

グランドスタッフは空港での接客業務を担当する仕事です。主な業務は「搭乗手続き」と「搭乗案内」といった地上での乗客サービスで、近年では客室乗務員をこえるほどの人気職業です。

グランドスタッフの仕事内容

グランドスタッフは「グランドホステス」、「地上職」とも呼ばれ、空港で「搭乗手続き」と「搭乗案内」といった地上での接客業務をする仕事です。
分刻みで発着する航空機の運航スケジュールを守るためには、航空券の発券や乗客の誘導、危険物に対する安全確認など、グランドスタッフのきめ細やかな働きが欠かせません。
案内業務以外にも予約やキャンセルの電話対応、荷物紛失時のトラブル対応などさまざまな業務を担当し、航空機の搭乗者だけでなく、空港利用者すべてが快適に過ごせるよう、きめ細かいサービスを心がけるのがグランドスタッフです。キャビンクルーとともに航空会社の顔ともいえる存在の人気職業です。

グランドスタッフに必要な英語力は?

外国人客への対応、外資系航空会社のパイロットや客室乗務員との連絡などに英語が使えなければ業務に支障があるため、グランドスタッフの仕事に英語力は必須です。一般的に、採用試験では英語の筆記試験と英語面接が行われ、実用英語技能検定2級、TOEIC550~600点以上が書類選考を通過するための英語力の目安と言われています。

グランドスタッフになるには

グランドスタッフになるには、大学院・大学・短大・専門学校を卒業し、各航空会社の地上職専門の採用試験を受けて合格するか、グランドスタッフを派遣する人材派遣会社に登録する、もしくは高卒でエアライン系専門学校へ進むルートが一般的です。
必須資格は専門学校以上の学歴以外にはなく、キャビンアテンダントのように身長や視力の制限もありません。採用試験は書類選考、英語を含めた筆記試験、英語面接などが複数回行われるのが一般的です。
英語の他にも、中国語・韓国語・フランス語・スペイン語など第二外国語の検定試験の資格、「接客サービスマナー検定」や「秘書検定」などを取得していると、採用においては有利になります。接客サービスのプロとして、英語スキルだけでなく正しい日本語や敬語が使えるか、美しい立ち居振る舞いができるかなども、採用試験ではチェックされます。

近年では、コスト削減のため全採用が契約社員である場合も多いですが、数年の勤務を経て正社員へ採用されることもあります。

グランドスタッフになるためのお役立ちリンク

グランドスタッフ/グランドホステス/空港の仕事
facebook twitter Line