Occupation guide 仕事紹介

facebook twitter Line

客室乗務員 英語を活かせる仕事を紹介

客室乗務員

客室乗務員(キャビンアテンダント)は、旅客機に搭乗する乗客が安全かつ快適に旅ができるよう、接客のプロかつ乗客の安全を守る保安要員として、さまざまな業務を行う仕事です。

客室乗務員の仕事内容

客室乗務員は、旅客機に搭乗する乗客が安全かつ快適に旅行を楽しめるよう、礼儀やマナーを身につけた接客のプロとして、そして乗客の安全を守る保安要員として、さまざまな業務を行う仕事です。
日本語では客室乗務員という呼称のほかに、キャビンアテンダントやそれを略したCAも使われますが、英語ではフライトアテンダントやキャビンクルーという呼称のほうが一般的です。

搭乗便のパイロットとの打ち合わせ、機内の設備の確認、ドリンクや機内食などの準備、乗客へのサービス、整備士への報告連絡など、客室乗務員の仕事内容は多岐にわたります。接客のプロとしての礼儀やマナー、乗客の安全を守る保安要員としての知識と判断力、様々な乗客の文化や宗教に関する知識、高い語学力に加え、昼夜を問わない勤務にも対応できる体力が必要とされます。

客室乗務員に必要な英語力は?

客室乗務員の仕事に求められる英語力は、国内航空会社でTOEIC600点以上、欧米系航空会社ではTOEIC700~800点以上です。英語能力を証明できる資格には、実用英語技能検定やTOEFLなどさまざまな種類がありますが、客室乗務員採用試験においては、TOEICスコアの提出が指定されている場合がほとんどです。

客室乗務員になるには

客室乗務員になるには、国内大手2社の場合、新卒・中途採用にかかわらず専門学校以上の卒業資格が必要とされます。CA課程のある短大やエアラインスクールといった専門学校では、航空業界の専門的な知識を学ぶことができるというメリットがありますが、入社試験では一般教養問題が出題されることもあり、実際には大卒の採用が多くなっていると思われます。新興の航空会社やLCC(格安航空会社)では、専門学校や短大、一部は高卒からの採用も積極的に行われています。

最近ではコスト削減のために客室乗務員の正社員採用を取りやめている会社が多く、契約社員として入社し、数年の経験を経たのちの正社員登用が一般的です。書類選考、グループディスカッション、個人面接、英語面接、筆記試験、健康診断、体力測定、適性検査などが採用試験の内容で、加えて航空機内での働きやすさや安全上の理由から、身長、視力、居住条件など、各社でさまざまな応募資格が指定されています。
時には採用倍率が数十倍にもなるといわれる人気職業なので、採用の可能性を上げるためにも抜きんでた英語力や、第二外国語検定、手話検定などの語学資格を取得することをおすすめします。また赤十字の救急法救急員や、消防署で受けられる救命技能認定証など、医療系の資格は取っておくと評価されるでしょう。美しいマナーや礼儀を身につけ、普段の生活の中で実践できるようにしておくことも大切です。

客室乗務員になるためのお役立ちリンク

客室乗務員/キャビンアテンダント/スチュワーデス/CA/キャビンクルー
facebook twitter Line