Interview インタビュー

facebook twitter Line

通訳案内士インタビュー

通訳案内士001
通訳案内士 石橋征二さん
Mr. Seiji Ishibashi

1967年に語学系社員第一期生として鹿島建設(株)渉外部に入社。その後、同社米国法人鹿島インターナショナル社(K.I.I.)に25年間在籍し、アメリカ各地に駐在しながら国際営業マンとして、日本企業のアメリカ進出をサポートする。地元米国企業に対しても、鹿島の設計施工サービスについての広報・営業活動を行う。

鹿島インターナショナル ニューヨーク本社 取締役 営業担当副社長、鹿島建設本社 海外法人統括部 営業部部長兼営業統括部長を歴任。
定年退職後も鹿島インターナショナル社関連会社The Austin Companyの東京事務所長職を2010年3月まで務める。

2016年には国家試験である通訳案内士の資格を英語で取得。日本と海外の懸け橋として今も精力的に活動を続けている。

英検1級(優良賞)取得
TOEIC 965点(L495, R470)
通訳案内士(英語)

          

大手ゼネコンで長年国際営業マンとして活躍された後、引退なさってから通訳案内士の資格を取ろうと思われたのはなぜですか

実は、私は観光ガイドになろうと思って通訳案内士を受験した訳ではありません。

引退後すぐに語学学校でフランス語の勉強を始め、今も週4回通っています。その学校のフランス人の先生が自国の歴史だけでなく、日本の歴史にも詳しいことに感銘を受け、同時に、日本人である自分が日本の歴史を正しく理解しているのかと自問するようになりました。

それで息子の昔の教科書を取り出してきて日本史を改めて勉強し始めたのですが、昨年「通訳案内士国家試験」の一次試験には日本歴史、日本地理、一般常識と外国語の4科目があることを知り、日本の歴史を勉強するうえで何か目標があったほうが良いかなと思い、通訳案内士(英語)を受験したのです。

難関試験として知られる通訳案内士ですが、実際に受験した印象はいかがでしたか

通訳案内士002私の場合、英検の1級を若い時に取得していましたので、1次の英語の筆記試験は免除でした。それでも、約5か月間の準備期間中は大学受験生並みに深夜まで勉強をしましたよ。約1万1千人が受験し、そのうち一次試験の合格者は約3000人だそうです。

2次試験は外国語でのインタビューでした。日本の歴史、地理、観光地や名産品などに関する5~6行の文章をまず英語で通訳し、次に、与えられた3つのテーマから1つ選んでその説明を英語で行い、質疑応答が続きました。
よく言われることですが、実際に通訳案内士は単に語学力だけでは合格できない難しい試験で、日本の歴史や地理についてのかなり深い知識が求められます。最終的な2次試験の合格者は約2,100名で合格率19%だそうです。

新しいことにチャレンジするモティベーションはどこから生まれてきますか

通訳案内士003

フランス語の勉強もそうですが、特に引退してから何か新しいものを学びたいという気持ちが強くなりました。多くのビジネスマンがそうだと思いますが、会社で仕事をしているうちは毎日猛烈に忙しく、なかなか新しいことに挑戦する時間もなく、またそのような気力も沸いてきません。

私の場合も、6年半前に引退した後、ようやく気持ちの面でも自由な時間ができました。毎日家にずっといると身体も頭も鈍ると思い、若い時にビジネススクールで2ヶ月間ほど習ったフランス語を再度勉強してみようと思ったのです。

私は若いころからアメリカの詩人、サミュエル・ウルマンの「青春の詩」が好きでしたが、歳を重ねた今、特にこの詩に力をもらっています。

「青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ。」

「歳を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いが来る。」

「人は信念とともに若く、疑惑とともに老ゆる。人は自信とともに若く、恐怖とともに老ゆる。希望ある限り若く、失望とともに老い朽ちる。」

もしこの詩をご存じない方がいれば、ぜひ一度英語で読んでもらいたいと思います。引退した私の会社の同僚も、外国語の勉強、ボランティア活動、野菜作りなど、新たな目標をもって生き生きとした人生を送っています。

「あの時に始めていればよかったと将来後悔しないように、今始めろ。」というのが、私の高校の先生の口癖でした。私も引退してようやくそれを実践できたわけですが、「あの時にフランス語を始めて良かった」と今思っています。また同時に、仕事をしていた時代でも何か新しいことにチャレンジできていたのではないか、と少し後悔している自分もいます。

これからの目標を教えてください

通訳案内士004

いくつかあります。

2017年1月から江戸東京博物館(両国)でボランティアガイドとして活動しています。

江戸東京博物館は鹿島建設が建設工事を担当しています。設計は私と同郷の菊竹清訓先生の作品であり、先生のお兄様は私の中学の理科の先生でした。私にとって何かと身近に感じるこの江戸東京博物館が6年ぶりにボランティアガイドを募集し、私も採用され、自分の好きな日本歴史を勉強しつつ、外国からの訪問客に日本の歴史や文化を紹介できることにやりがいを感じています。今後はここでボランティアガイドとして活動していきたいと思っています。

二つ目は、英語の勉強を続けることです。できるだけ毎日英字新聞を読み、世界の時事を学ぶとともに、新しい英単語を覚える努力を続けています。これはアメリカから帰国してから15年間続けている習慣でもあります。引退後は英語を話す機会も減ったので、今は週1回語学学校にも通っていますし、日本の歴史や博物館の展示物について外国人にうまく説明できるよう、毎日英語で勉強しています。

三つ目は、フランス語の勉強です。日常会話にはほぼ問題ない現在のレベルをアップさせ、近い将来フランス語でも通訳案内士試験に合格することを目標にしています。

四つ目は、ボランティアの観光ガイドとして東京都内の名所旧跡や日光、鎌倉などの関東地域の名所に外国人観光客を案内することです。現在は私の所属する日本観光通訳協会(JGA)などが主催する実地研修に参加したり、自分で観光地や名所を訪問して勉強を日々続けています。

通訳案内士を目指す人にメッセージをお願いします

通訳案内士は、語学力に加え、日本の歴史、地理、文化、一般常識の広範かつ深い理解を求められる、資格取得が難しい試験です。それにもかかわらず、通訳案内士としてだけの収入で生計を立ててゆくことはとても難しいのが現状です。30代の比較的若い世代でこの資格取得を目指している人は、旅行会社に勤務しているなど、ある程度安定した収入が確保できる環境があるうえで、自分自身やキャリアのステップアップを目的としている人が多いように感じます。

一方、通訳案内士に合格するレベルのスキルと知識を持っているのは、日本人として素晴らしいことだと思います。表面的な知識だけでは合格が難しい試験内容であり、人柄の考査も試験に含まれることからも、個人的には人生経験を積み社会人としての常識も身に着けた中年以上の世代が目指し、私のようにリタイア後に趣味を兼ねて通訳案内士として働く、というスタイルが理想的なのではないかと感じます。

人生のどんな経験も無駄ではなく、外国の人々に日本の良さを伝えることができる優秀な通訳ガイドには、やはりそれ相応の人生経験が必要だと思います。今、別の仕事をしながら通訳案内士になりたいという夢を持っている若い世代の方々には、焦らず今の仕事にもじっくり取組み、長い視点で通訳案内士になるプランを持ってほしいです。

facebook twitter Line