Interview インタビュー

facebook twitter Line

英会話講師インタビュー

英会話講師001
英会話講師
山口夏生さん
Mr Natsuki Yamaguchi

1991年鳥取県に生まれ、栃木県で育つ。University of Nevada, Las Vegas卒業。
英会話スクール「英会話リンゲージ」で、日本人講師リーダーとしてレッスンから資料作成まで、さまざまな業務を行っている。
・英会話リンゲージ 

現在の仕事内容を教えてください

英会話スクール「英会話リンゲージ」に勤務しています。私の場合、通常業務には2本の柱があって、日本人講師としては、レッスン、カウンセリング、電話対応や新規顧客対応といった受付業務、そして体験レッスン対応。もうひとつは日本人講師リーダーとして、生徒のコース進行状況の管理、講師のスケジュール調整の報告、レッスンで使う資料の作成、といったことをしています。

英会話講師を目指そうと思ったきっかけを教えてください

得意の英語と好きな接客業に同時に携われる仕事を探していたところ、リンゲージの求人をオンラインで見かけました。リンゲージの雇用条件は、他の英会話スクールや自分が経験してきた他の仕事と比較してもしっかりしていて、これなら社員として安心して働けると思ったという面もあります。

英会話講師になるまでの進路、職歴を教えてください

英会話講師002

初めての留学体験は高校の時です。シアトルに留学しました。その後、同じくシアトルの2年制大学でビジネスに焦点を置いたリベラルアーツを専攻しました。ホテルや飲食業に興味があったので、ラスベガスの4年制大学に編入して、ホスピタリティ経営学を専攻しました。
卒業後に帰国したあとは、大手サービス業関連会社で正社員として半年間勤務し、その後フレンチレストランでウェイターを経験しました。現在は英会話講師の仕事をしていますが、いずれIT関連の事業で起業したいという目標も持っています。

英会話講師の仕事に必要な英語力を教えてください

母国語レベルの英語があれば理想ですが、日本人講師としてたずさわる業務というふうに考えると、
「マンツーマンではなく、複数のネイティブスピーカーと同時に英語で会話を成立することができる」
「自分の意見を英語で具体的かつ順序良く説明することができる」
「日本語で例を紹介しながら英文法を説明できる」
「英語を勉強すること自体に興味があり、自身の経験を生徒と共有することができる」
というのが、最低限必要な英語力だと思います。

その英語力はどのように習得し、維持しているかを教えてください

基本的な文法は、中学校と高校での自主学習で学んだと思います。その他の英会話力は、6年間の留学生活で身につけました。現在は、英語のニュースを読んだり、海外のドラマ・映画を観たりすることで、英語力を維持しています。周りに英語を話す友達も多いので、一般的な日本人と比較すると英語のアウトプットの量が多いですね。

英会話講師の仕事に英語力以外に大切な能力、資格、適性はありますか

英会話講師003

いくつかあります。
まずは接客経験とコミュニケーション力。英会話講師というのは、サービス業の側面が大変大きい仕事です。英語がネイティブレベルであっても、レッスン内での会話やカウンセリングの内容がサービス業にたずさわる者として求められる一定水準に達していない限り、英会話講師として一人前ではありません。
次にタイムマネージメント力。日本人講師は特にADVと講師を兼任する立場にいるので、業務の種類が多いです。優先順位を上手につけて効率的に業務を行わないと、生徒に迷惑がかかります。
三つ目は一般常識とユーモアのセンスです。自身の知識と経験、そしてジョークを織り交ぜて話すことができる講師は、生徒との会話をより質の高いものにすることができます。限られたレッスン時間の中で生徒の語学力上達に最大限貢献しようと思ったら、会話の質そのものを高めることはとても大切です。

英会話講師の仕事のやりがいと、苦労する点を教えてください

やりがいは、生徒の成長をレッスン中に直接感じることができること。様々な人種の講師と一緒に働くことができること。スクールのシステムの改善案に自分の意見が採用された時などですね。
苦労する点は、業務の種類が比較的多いので、僕のような不器用なタイプの人間は慣れるまでに時間がかかる、というところでしょうか。それから、これは僕にとってはやりがいに分類されますが、講師として生徒以上に学習すること。英会話講師として成長するために欠かせないことなのですが、勉強が嫌いな人は苦労するかもしれません。

今後の目標を教えてください

生徒と、講師とアドバイザーというスタッフ側の距離を、さらに縮めること。生徒間での良質なコミュニティーを築くこと。もっと多くの生徒がリンゲージで習った英会話を実生活に役立たせることができるようサポートすることです。

英会話講師を目指している人へメッセージを下さい

英会話スクールは通常の塾や学校と違って、教育をする場でありながらエンターテイメントを提供する場でもあります。独特なスキルのコンビネーションが求められる業種ではありますが、それに見合ったやりがいがあります。
英語が得意で英語を使う仕事をしたいという日本人には、自分の得意なスキルを活かしながら自身が成長し続けられる、魅力の多い仕事だと思います。

facebook twitter Line